薬剤師の求人を見分ける

薬剤師の仕事

薬剤師のイメージ

薬剤師のイメージとは、病院に行く時間がなくとも薬の効能や使用方法を気軽に聞くことができる医者の代わりのような存在です。

自分が風邪を引いた時、わざわざ病院に行くのではなく薬局に行って風邪薬を買いますが、その時効能についてあまり違いの見られない商品があったので、薬剤師に詳しい効能の違いを聞くことができました。医者に行くと診察代や処方箋代がかかるので、同じ効能なら市販の薬を選ぶのは当たり前です。

その時薬剤師がいてくれると、薬の効能について聞くことができるので安心です。ただ病院に付属する処方箋薬局だと、医者の指定した薬をただ売るという存在になってしまっているのが非常に残念です。もちろん薬を受け取る時に効能や使用方法を大変詳しく教えてくれますが、そこには、薬剤師ならではの仕事がないように感じます。

今は薬を貰うのに病院ではなく処方箋薬局に行かなけれならないので、ますます薬剤師の存在意義が問われています。

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容に関心があるのであれば調べることです。また、勤める場所によって内容も変わってきます。そのため、自分が行いたい場所にいくことを考えましょう。

もちろん、自分の希望通りにならない場合もあります。しかし、自分の行いたい仕事をするために勉強をしてきているのです。そのため、自分が行いたい仕事内容の場所で仕事をしていくことを考えないモチベーションも上がりません。

もしも仕事内容が分からないのであれば情報を収集することです。情報を収集することに意識を向けることです。今の時代ではインターネットを活用することができます。学校や職場体験だけでなく、情報を収集することができる手段はあるのです。

しかし、情報を収集していく意識がなければ、情報を得ることができません。意識を持てれば、環境を活用して情報を得たり、そのために時間を確保したりいきます。
自分のやりたい仕事をしていくためにも、情報を得ていきましょう。

Leave a comment